犬に多い病気や保険を知り安心生活│ペットと共に生きる

猫

犬の保険

自動車に乗車して旅行をする犬

犬

以前と比べて観光地において犬を受け入れる体制が整ってきています。愛犬と一緒に宿泊できるホテルや、敷地内にドッグランのある公園やテーマパークなどが増えているのです。公共交通機関で犬を連れて歩くのは大変なので、マイカーに乗せて一緒に旅行をするという飼い主が多くなりました。 そこで犬保険に単独で加入するのであれば、ある自動車保険に用意されている特約として加入するという方法があります。自動車への乗車時間が長くなれば、後部座席などで放し飼いをする飼い主が多いため、犬が急停車などでケガをしないとも限りません。そこで犬保険と同じような契約内容となる特約を活用して、動物病院で治療をしてもらうという工夫をすると、低価格で犬保険へ加入できることになります。

他社と差別化するためのユニークな犬保険内容

最近では犬保険や猫保険などペット保険への加入数が増加しているため、古くから保険サービスを提供している会社以外にも新規参入をする会社が登場し始めました。そのため、加入者を獲得するためにはユニークな内容の保険を開発する必然性が出てきたのです。 たとえば犬保険は全般的に掛け金が高額になりがちですので月額500円というワンコインの保険を導入したり、通常であれば加齢とともに掛け金が増加していくところ、3歳頃を底値にして加入者を増やすといったサービスが提供されています。 また犬の病気は多種多様であり、体調不良を言葉で表現できないため治療が後手に回りがちですので手術費用のカバーなどに重点を置いた犬保険などもあります。