犬に多い病気や保険を知り安心生活│ペットと共に生きる

猫

動物病院の傾向

獣医さんの仕事の幅が広くなる

動物病院

今、都会では動物病院を開業している獣医さんが増えています。一昔前は、犬か猫が専門であった獣医さんも、最近では色々な種類の動物を診察するようになってきました。犬や猫の他に、フェレットやウサギ、爬虫類といった室内飼いのペットの飼養数が増えたことも背景にあります。しかしながら、フェレットや爬虫類などは専門外として、診療を断られるケースも増えています。そこで、動物病院の新たな取り組みとして、どのような動物を診療できるか看板やホームページに明記するようになってきました。動物病院にこのような表示がされていれば、フェレットの飼い主も、安心して病院探しができます。今後は、特殊動物を扱う病院の数も増加すると考えられます。

数多くの種類の動物を扱う獣医さん

都会に動物病院の数は増えても、全ての動物に精通している獣医さんは稀です。しかし、その中で、出来るだけ多くの動物の命を救おうという意気込みのある獣医さんがいるのも事実です。開業する獣医さんは、大学の勉強の倍以上の勉強をして、初めて愛玩動物の診療を始められるといいます。実は、獣医学部は畜産専門と言っても良いほど、ペットについての勉強時間は少ないのです。愛玩動物が診療できるようになるには、自身で勉強を続ける必要があります。多くの獣医さんは、そのような苦労を経て開業にこぎつけるのです。自分のペットである犬や猫、フェレットを安心して任せられる獣医さんを探すには、多くを学んだ獣医さんを探すと間違いない選択ができます。